記事一覧

郷院長の思い

2015/03/04 (水)

私は常日頃から医療人である前に社会人であれ、社会人である前に「人」であれをモットーにしております。
社会人としてはもちろん、「人」として周囲から認められなくては医療人として認められるはずはないと考えております。
職員全員が日々この気持で仕事に従事し、地域の皆様に信頼愛される医療・福祉施設となるべく努力してまいります。

ファイル 4-1.jpg

郷院長は、私たちの活動に共感して下さり「小児がん経験者の自立支援について」講演させていただきました。
一人の学生さんは、既に助産師として働いていましたが、妹さんが悪性リンパ腫を経験したことから、
これから新たにAYA世代のがんを学びたいと再び大学で勉強を始めたそうです。
頑張ってほしいです。