記事一覧

ルイヴィトン×大人の人気腕時計!


一目でルイヴィトンと分かる、フェミニンな高級時計

世界中の女性たちが憧れるラグジュアリーブランド『ルイヴィトン』。ブランドのアイコンを散りばめた腕時計もまた、憧れの名品。


タンブール スリム カラーブロッサム
ルイ・ヴィトン 公式サイト(公式オンラインストア)
ルイ・ヴィトンの代表作「タンブール」。写真は通常とは異なりベゼルを裏蓋よりも少し大きめにした逆台形で、文字盤の意匠がさらに際立ちます。
中央に輝くのはこまやかなギョーシェを施した、ホワイト・マザー・オブ・パールのモノグラム・フラワー。ストラップはチェンジャブル仕様で、気分によってつけ替えることができます。

クールなスタッズがエッジィ☆ インパクトあるウォッチが色々

イタリアブランドらしいちょっとクセのあるデザインがたまらない「ディーゼル」。
特に「スタッズ」デザインを取り入れた腕時計が得意で、着けるだけでシンプルなスタイルも映えます。
ディーゼルで人気の腕時計♪
ディーゼル1
 
 LOVE SHACKLE 

バイカーガールにインスパイアした「LOVE SHACKLE」。
レザーベルトにスタッズをあしらったロックなデザイン。華奢な18mmサイズだから女の子らしく着けこなせるのも◎
■価格:22,000円 / 全3色

ディーゼル2
 

きらめくスタッズでお馴染みの「KRAY KRAY」。
イエローゴールドやローズゴールドで装いも華やかにブラッシュアップ。
■価格:22,000円 / 全8色

ディーゼル3
 

見やすいシンプルな丸型ケースのサイドにスタッズ。さらにメタリックレザーベルトをスタッズライクに仕上げたエッジィな一本。
きらめくカラーも相まってラグジュアリーでいてカッコよく着けこなせます。

ミュウミュウ“フラワー刺繍”のチェーンバッグ&“

ミュウミュウ(MIU MIU)から、2019年クリスマスシーズンに向けたギフトコレクションが登場。

ミュウミュウのクリスマス
ミュウミュウのギフトコレクションには、クリスマスシーズンに相応しい華やかなバッグやシューズ、ジュエリーなどがバリエーション豊富に揃っている。

フラワー刺繍チェーンバッグ

バッグには、ビーズのフラワー刺繍を施したモデルがラインナップ。ピンクのボディにカラフルなビーズをあしらって、プレイフルなムードに仕上げた。ゴールドに輝くメタルチェーンやブランドロゴ入りのプッシュロック留め具も、より一層華やかな雰囲気を添える。

クリスタル付きストラップのバッグ

レザーを編み込んだショルダーバッグには、付け替えできるレザーストラップとクリスタル付きショルダーストラップをセットに。取り外せばクラッチバッグとしても使うことができるので、パーティーなどのドレスアップシーンでも活躍してくれる。

きらきら輝くグリッターサンダル

足元を煌びやかに彩ってくれるのは、きらきらと輝くグリッターサンダル。ソールにも大粒のクリスタルモチーフを散りばめた。煌めくストラップサンダルは、ダークになりがちな冬の装いにアクセントを加えてくれそうだ。

一粒ジュエルが輝くネックレス

存在感溢れるフラワーモチーフのネックレスは、いつものファッションにプラスするだけでラグジュアリーなスタイルが完成。大きなクリスタルモチーフを組み合わせたネックレスの中央には、一粒のジュエルが輝いている。

“チョーク”&“ルージュ”の2色展開


「キルティング ウィリス(Willis) トップ ハンドル 18」は、90年代にデビューしたコーチのアイコニックなシルエットをベースにしつつ、コンパクトなサイズ感に仕上げたバッグ。ピュアなホワイトのチョークとプラムカラーのルージュの2色からセレクトできる。

ブラックベイ フィフティ-エイト 18K


加えて、同様にチューダーダイバーウォッチ初となる18Kイエローゴールドのケースとオープンケースバックを採用した「ブラックベイ フィフティ-エイト 18K」も登場。イエローゴールドにはサテン仕上げを施すことにより、味わい深い表情に仕上げた。また、18Kイエローゴールドをあしらったアワーマーカーや象徴的なスノーフレーク針がマットな質感の“ゴールデングリーン”ダイアルと調和し、落ち着いた雰囲気ながらも存在感のある佇まいに。

2種類のストラップが付属されているため、気分によって付け替えが可能だ。上品なダークブラウンのアリゲーターストラップと、光沢を放つグリーンのジャカードファブリックストラップ、それぞれ異なる表情を楽しめる。

アディダス

CLASSY 26MM


26mm径の「女性らしい華奢なサイズ感」が特徴のレディース専用モデル。極薄型のケースだからつけ心地が軽いのも魅力です。

アルティプラノ


極薄の手巻きキャリバーを搭載した本格時計「アルティプラノ」。こちらは一目見ただけでハッピーな気持ちになりそうなピンクカラーをまとった1本。ほっそりとしたインデックスとバトン秒針のコンビネーションが洗練の時を刻みます。

シャネルの人気腕時計「J12」がリニューアル、より滑らかなシルエットで視認性も向上

シャネル(CHANEL)は、新しくなった人気腕時計「J12」をバーゼルワールド 2019で発表した。発売は、2019年6月5日(水)を予定している。
“21世紀のアイコンウォッチ”と称されるシャネルの「J12」

19年前に誕生した「J12」は、そのデザインを手掛けたシャネルのアーティスティック ディレクター、ジャック エリュが愛する自動車とセーリングの世界観から着想を得たスポーティーな腕時計。ウォッチメイキングの世界に革命を起こしたブラック セラミック製のボディで、“21世紀のアイコンウォッチ”とも称された。
その後、2003年にはホワイトセラミックのモデルが登場。以後変わらず、シャネルのウォッチコレクションの中でもエターナルな存在であり続けている。
ディテール部分までデザインを刷新

スイスのマニュファクチュール、ケニッシ製のオリジナルキャリバー 12.1を搭載したため、少し厚みを増やしたケースは、側面にカーブを持たせ滑らかにすることで、厚さは以前と変わらないような印象に。リュウズの幅と、リュウズにあしらったセラミック製カボションのサイズを従来の3分の2に縮小することで、「J12」ならではの流れるような滑らかなラインを維持している。

また、数字やインデックスの書体も変更。ダイヤル中央のレイルウェイ目盛りを改良するとともに、新たにインジケーターを追加したことで視認性を向上した。中央部分に配置している“AUTOMATIC”と“SWISS MADE”の表記をシャネルの書体と同一のものに変え、よりシャネルらしさ溢れるデザインとなった。
さらに、時針と分針の幅は同一にし、夜光部分のサイズを変えた。ブラックモデルの白い針に黒、ホワイトモデルの黒い針に白の蓄光性夜光顔料「スーパールミノーバ」をあしらっている。

COSC認定、約70時間ロングパワーリザーブを誇るキャリバー 12.1搭載
ケースバックにサファイアクリスタルを施した一体型のセラミックケースからは、COSC(スイス公認クロノメーター検査協会)の認定を受けた新しいキャリバー 12.1の動きを鑑賞できる。スイスのムーブメント製造会社ケニッシ(KENISSI)製の新オートマティック ムーブメントが、新たな「J12」の心臓部となっており、パワーリーザーブは約70時間を誇る。
キーラ・ナイトレイが出演するキャンペーンビジュアル公開

伊勢丹新宿店本店1階=ザ・ステージでは、全国展開に先駆けて新生「J12」を体感できる期間限定イベントを開催する。期間は、2019年5月29日(水)から6月4日(火)まで。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ