記事一覧

シャネルの人気腕時計「J12」がリニューアル、より滑らかなシルエットで視認性も向上

シャネル(CHANEL)は、新しくなった人気腕時計「J12」をバーゼルワールド 2019で発表した。発売は、2019年6月5日(水)を予定している。
“21世紀のアイコンウォッチ”と称されるシャネルの「J12」

19年前に誕生した「J12」は、そのデザインを手掛けたシャネルのアーティスティック ディレクター、ジャック エリュが愛する自動車とセーリングの世界観から着想を得たスポーティーな腕時計。ウォッチメイキングの世界に革命を起こしたブラック セラミック製のボディで、“21世紀のアイコンウォッチ”とも称された。
その後、2003年にはホワイトセラミックのモデルが登場。以後変わらず、シャネルのウォッチコレクションの中でもエターナルな存在であり続けている。
ディテール部分までデザインを刷新

スイスのマニュファクチュール、ケニッシ製のオリジナルキャリバー 12.1を搭載したため、少し厚みを増やしたケースは、側面にカーブを持たせ滑らかにすることで、厚さは以前と変わらないような印象に。リュウズの幅と、リュウズにあしらったセラミック製カボションのサイズを従来の3分の2に縮小することで、「J12」ならではの流れるような滑らかなラインを維持している。

また、数字やインデックスの書体も変更。ダイヤル中央のレイルウェイ目盛りを改良するとともに、新たにインジケーターを追加したことで視認性を向上した。中央部分に配置している“AUTOMATIC”と“SWISS MADE”の表記をシャネルの書体と同一のものに変え、よりシャネルらしさ溢れるデザインとなった。
さらに、時針と分針の幅は同一にし、夜光部分のサイズを変えた。ブラックモデルの白い針に黒、ホワイトモデルの黒い針に白の蓄光性夜光顔料「スーパールミノーバ」をあしらっている。

COSC認定、約70時間ロングパワーリザーブを誇るキャリバー 12.1搭載
ケースバックにサファイアクリスタルを施した一体型のセラミックケースからは、COSC(スイス公認クロノメーター検査協会)の認定を受けた新しいキャリバー 12.1の動きを鑑賞できる。スイスのムーブメント製造会社ケニッシ(KENISSI)製の新オートマティック ムーブメントが、新たな「J12」の心臓部となっており、パワーリーザーブは約70時間を誇る。
キーラ・ナイトレイが出演するキャンペーンビジュアル公開

伊勢丹新宿店本店1階=ザ・ステージでは、全国展開に先駆けて新生「J12」を体感できる期間限定イベントを開催する。期間は、2019年5月29日(水)から6月4日(火)まで。